iPad miniの使い方

iPad miniの使い方


iPad miniとは?

2019年3月末に久々のiPad miniが登場しましたね。

その名の通り「小さいiPad」として2012年から販売されてきたモデルです。2年半ほどアップデートがなかったので、もうminiシリーズは終わってしまったのかと嘆く人も多くいたほど根強い人気を誇っていたようです。

iPad miniの外観

そんなタイミングで満を辞して登場したのが、今回の「iPad mini(通称iPad mini5)」。第5世代として登場したこの機種の基本スペックをまとめてみます。

  • 7.9インチのフルラミネーションディスプレイ。True Tone搭載。
  • 300gの超軽量サイズ
  • 最新(2019年3月現在)のA12チップ搭載。
  • Apple Pencil(第1世代)対応。
  • 最新のiPadOS対応。

などなど、外見はほぼそのままですが、中身が大幅グレードアップして再登場しました。(歓喜!!)
僕自身はそれまでiPad miniを使ったことがなかったのですが、急な発表にはとっても驚きました。

そして、iPad Proがあるにも関わらず、買ってしまいました。

「え、何で?」

そんな声が画面の向こうから聞こえてくるような気がします。
今回の記事では僕がなぜiPad miniを購入したのか、その理由をの4つ使用例とともにご紹介します。

使用例1:外出時の作業用(ポータブルデバイスとして)

iPad miniを手に持っている。

iPad miniを購入した1番の理由がこれ。
僕は元々iPad Pro10.5インチモデルを使って、イラストを描いたり、文章を描いたりしていました。もちろん、PCに比べればそれなりに軽く持ち運びにも優れていると思います。

それでもやっぱり大きいし重いし邪魔くさい!

超お気に入りデバイスであるのに変わりはないのですが、やっぱり10.5インチもあると気軽にひょいひょい持ち運ぶという感覚にはなりませんし、大きなカバンやリュックが必要になってしまいます。

そこで、このiPad Proは家で腰を据えて使う「液タブ」のように使おうと割り切りました。

その代わりに、小さなサコッシュに入れて気軽に出かけるためのデバイスとして選んだのがiPad miniということ。

サコッシュに入っているiPad mini

iPad miniのここがすごい

iPad mini5は僕の使っているiPad Proと同等かそれ以上の能力を持つA12チップを搭載しています。

さらに、本体の重量も300gと軽量で、画面サイズも7.9インチ 。片手でラクラク持てるサイズ感。これが1番の魅力と言えるでしょうね。
だって「mini」だもの。

なので僕はほぼ外出専用機として持ち運んでいます。必要な時、手が空いた時にiPad Proでしていた作業の続きをそのまま小さなサイズでこなせるのはまさにストレスフリー!

使用例2:Pocketを有効活用してスキマ時間に情報収集

iPad miniでPocketを開く

僕が購入したのは、外だと単体ではインターネット接続が出来ないWi-Fiモデルなのですが、行う作業がオフラインでも平気なのと、ブラウジングに関しPocketがあれば困らなそうだ!と思ったのでこのモデルにしました。

Pocketって何ですか

Pocketは簡単に説明すると、「あとで読みたい記事をストックしておけるアプリ」です。

ブラウジングをしていて「あ〜後で読み返したいな」とか「大きい画面でしっかり読みたいな」と思うことが多かったので、手持ちでも見やすいサイズ感のiPad miniとの組み合わせが最強だと思い、導入しました。

  1. お気に入りのサイト・メディアをブックマークしておく。
  2. 前日の夜などにサーっとブックマークに目を通し、読みたい記事などを探す。
  3. 良いものがあればそれをPocketに追加。
  4. 電車に乗っている時など、スキマ時間に貯め込んだ記事をチェックする。

こんな感じの流れを作って実践してみたら、色んな情報を拾ってくるインプットの習慣がついてきました!QOLも上がります、おすすめ。

使用例3:動画視聴用端末として

これは割と贅沢な使い方なのですが、家でPCやiPad Proで作業している時の動画視聴専用機としてiPad miniを使っています。

実際にiPad Proでイラストを描き、iPhoneで動画など見ていた時、LINEやTwitterなどに通知が来るといちいち動画の再生を止めなければなりませんでした。時には動画に戻ろうとしたらアプリが落ちていることも…。

これは何気に大きなストレスなのです!


なので、iPhone、iPad mini、iPad Proで役割分担をさせて使用することで、いちいちストレスを感じることなくやりたいことに集中できる環境が出来上がったのです!快適!

使用例4:ノート代わりとして使う

今までもiPad ProでNoteshelf2というアプリを使ってノートをとっていたのですが、これも今まで述べた通り微妙にデカくて使いづらい。
何か書き込むには大きい画面サイズの方が都合が良いのですが、毎回持ち運んで大学の授業などでドン!と取り出すのは大変だと感じていました。

その点、iPad miniは片手でも持てるポータブルサイズで、大きさもA5ノートほどと小さすぎるわけでもありません。

サッと取り出して、気軽にノートをとって、またサッとしまうことができる。たったこれだけでものすごく快適になります。どんなカバンに入れても荷物になりませんし。

全く後悔はしていない。

そんなこんなで長々と魅力を語ってきたiPad mini5。価格は最安のモデルで45800円(税別)から。Apple Pencilも必須なので、プラス1万円程度。

全く安くない買い物です。特に学生の僕には優しくない…。

それでも決心して購入しただけの快適さと楽しさがありました。

  • 軽くて持ち運びに最適。
  • 簡単な作業をするには十分なスペック。
  • 日常の微妙なストレスから解放してくれる

簡単にiPad miniの良いところをまとめ直すとこの3つになります。
実際に使ってみるまでなかなか分かりづらいですが、確実に生活が変わるアイテムだと思っています。愛機!