【ライターにおすすめ】執筆アプリBearが最高。

【ライターにおすすめ】執筆アプリBearが最高。


SUNCRAFTをはじめる前から、よくiPad Proを使って文章を書いていました。
その際にいつも迷っていたのが、「どのテキストエディタアプリを使えば良いのだろう…」ということ。

さまざまなアプリを触ってみた。

実際、App Storeを見ると、これでもかとテキストエディタアプリが出てきます。以下、僕が触ったことのあるアプリたちです。

  • Pages(Apple純正の標準アプリ)
  • メモ(Apple純正の標準アプリ)
  • Microsoft Word
  • Googleドキュメント
  • note (文章投稿系のSNS)
  • TatePad(縦書きができる)

主にこれらの無料アプリを使用していました。
どのアプリにも良いところと悪いところがあり、いまいちピンと来ないモノばかりでした。

PagesやメモはApple製品間での連携がとても優れているのですが、UIが若干使いづらかったり、WordはiPad Proのサイズになると有料になってしまったり。

Googleドキュメンントも無料でこれだけの機能や連携が使えるのはコスパ抜群なのですが、Pages同様UIが微妙で普段から触るには向いていないような…。

noteはそもそも用途が違います、TatePadは小説を書くためという感じ。

ブログに最適なアプリに出会えていなかったのです。

Bearに出会った。

「無料で高機能」という都合の良いアプリを探していたところ出会ったのが“Bear”というアプリでした。

あまりよく調べず、サブスクリプション形式のアプリだろうと思って使っていなかったのですが、どうやら無料でも大部分が使える様子。試してみました。

Bear(無料版)の良いところ・できること

  • 無制限でライティングが可能。
  • 画面下にアンダーラインなどのボタンがついている。
  • テキストファイルでエクスポート、共有。
  • 見やすくて綺麗なUI。
  • 検索ですぐに探しているノートにたどり着ける。
  • 画像を挿し込むことができる。
  • H2やH3タグを利用可能。

などなど、 ライティングに必要なことは基本的に全てできます。

Bearを有料版にするとできるようになること

  • Mac、iPad、iPhone間で全てのノートが同期できる。
  • PDF、HTML、DOCX、JPEG形式でもエクスポート可能になる。
  • 着せ替えデザインテーマが増える。

特に最初の2つは魅力的ですよね。
僕の場合、簡単なメモはiPhone、記事の下書きはiPad、細かな修正とSUNCRAFTへの投稿はMacで行なっているので、これが シームレスに同期できるとかなり助かります。

しかし、この同期無料版でもほぼ同じことができました。

アップル製品のデバイス間の共有を一発で行う「AirDrop」を使うことで、各デバイスにBearを入れておけば直接ノートのデータを送ることができます。

例えば、この記事のデータをiPadからiPhoneに移してみます。

共有からAirDropを選択して…
iPhoneで受信し、Bearで開く。
受信完了!

こんな感じで簡単に送ることができ、いきなりBearで開くことができます。
さすがにひと手間必要ですが、簡単な作業なのでほとんど気になりません。

Bearの使い方(ブログ執筆の場合)

  1. 情報収集や発信したいことを考えてみる。
  2. アイデアをTrelloに貯め込む。
  3. iPadアプリのNoteshelfで手書きの構成メモを作成。
  4. メモをもとにBearで記事の執筆スタート。
    このとき、アンダーラインやリスト表示など、実際に投稿したときのビジュアルに近い形で仕上げていく。
  5. 書き終えたら推敲。
  6. 記事のデータをMacに共有し、最終チェック。
  7. MacからSUNCRAFTへ記事を投稿して終了。

こんな流れでSUNCRAFTの記事は出来上がっています。Bear大活躍。
とくにアップル製品でアプリが共通しているので、どこでも執筆を進められるのが最高!最悪、満員電車の中、iPhoneで書くことも可能。

BearがないとSUNCRAFTは成り立ちません。

こんな人におすすめ

以下の項目に当てはまる人にはおすすめのアプリだと思います。

  • ブログを始めたいけど、お金はかけたくない。
  • 綺麗なUIのアプリが好き。
  • アップル製品の連携機能を活用したい。
  • 難しいHTMLなどの知識を覚えたくない。

使い勝手良し。コスパ良し。ビギナーにもプロにも最高のアプリだと思います。文章を書きたい人はMacやiPadと一緒に導入してみてはいかがでしょうか。