【軽くて薄いBluetoothキーボード】LogicoolのKeys−To−Go購入レビュー

【軽くて薄いBluetoothキーボード】LogicoolのKeys−To−Go購入レビュー


現在のiPadラインナップの中で、Smart Keyboardの対応していないのはiPad miniだけ。その他のiPadはApple純正のSmart Keyboardをカバー代わりに装着することができます。

しかし、最軽量のiPad miniを持ち運んで作業がしたい!!

そこで見つけたのが今回紹介するKeys−To−GoというLogicoolのBluetoothキーボードです。

3つの特徴から、iPad miniとの組み合わせがとても良いと思ったので、ご紹介します。

取り回しが最高に良い。

Keys−To−Goの一番の魅力はなんといってもこの「薄さ」「軽さ
持ち運びが抜群に快適です。

Keys-To-Go開封

いざ開封!
新しく買ったモノを開ける時のワクワク感は格別ですよね。

Keys-To-Go

このように、見た目はペタペタの板。キーもSmart Keyboardのような薄くてパタパタとしたデザインになっています。

重さ:180g
厚さ : 6mm

ものすごく薄く、ものすごく軽い。
その薄さが相まってか、持っていても全く重さを感じません。
薄い発泡スチロールの板を持っている感覚。

iPad miniが300gなので、合わせても480g。
最新のiPad Pro11インチモデルが、単体で467g、Keys-To-Goと合わせて647gなので、いかにiPad miniとのセットが軽いのかが分かります。

これなら、小さなカバンに入れて荷物を少なくして作業に出かけられる…!

ファンクションキーがかなり便利。

Keys-To-Goファンクションキー

Keys-To-Goは完全にiPad向け設計されているので、相性抜群のファンクションキーが付いています。

Keys-To-Goファンクションキー

例えばこの四角が描かれたキーを押すと、アプリケーションの切り替え画面に移動したり、

iPadアプリ切り替え Keys-To-Goファンクションキー

このキーを押すと、画面のスクリーンショットが撮れたり、

Keys-To-Goファンクションキー

このキーを押すと、iPad標準検索画面に飛んで、他のアプリに切り替えたり音楽を再生することもできます。

iPad検索画面

このように、iPadを使用する上で必要な動作がファンクションキー1つで済んでしまうのです。

キーボードを使っている時に、いちいち指が画面に行ったりキーボードに戻ったりするのはかなり面倒。そんな煩わしさを解消してくれる、“iPadのための“キーボードです。

このファンクションキー、Smart Keyboardにはないのが残念。
”iPadのため“のキーボード大本命のはずなのに…。

打鍵感良し、接続良し。

人によってかなり好みが分かれるポイントですが、個人的にはKeys−To−Goの打鍵感がとっても気に入っています。MacBookシリーズのバタフライキーボードが好きな人には割と合うのでは。

Keys-To-Go

キーはかなりフラットに作られていて、押し心地も「ぱたぱた」「ぷにぷに」といった感じで柔らかいのが特徴。あまり力を入れなくても打つことができます。

バタフライキーボードがもっと優しくなったような感じ。
ただ、初めは打鍵感が優しすぎたり、キーボードのサイズが小さく感じて打ちにくいかもしれません。慣れるまで誤字が多く、文章入力に時間がかかってしまいました。

慣れてくると快適ですが、手の小さい人にこそ本領を発揮するのかも。

接続はBluetoothで行うのですが、非常に安定していて、入力にタイムラグもありません。
一度設定した機器には電源を付ければすぐに接続するので、まるでキーボード版AirPods。

本当に買って良かった最高のポータブルキーボード

以上がKeys−To−Goの特徴まとめになります。
試しにこの記事は全てKeys−To−Goで執筆してみましたが、どこでも作業をすることができ、荷物にもならなかったので非常に快適。

実は今回購入したのは最新ではなく2014年モデルのKeys−To−Goで、2800円(Amazon)だったのですが、全く古さを感じることはありませんでした。

ちなみに最新モデルは8800円(税抜)とキーボードにしてはなかなかのお値段。

無理せず型落ちで安く済み、性能も取り回しも抜群。
真っ赤なカラーもポップで可愛くてお気に入りです。

コスパ良し、非常に満足できる買い物でした。