学生におすすめのキャッシュレス決済ってどれ?

学生におすすめのキャッシュレス決済ってどれ?


最近、「〇〇Pay」がわんさか登場してすっかりキャッシュレスが浸透してきましたが、種類が多すぎて分からない! 面倒だから現金でいいや。となっている人も多いのではないかと思います。

2019年10月からの消費税増税に併せて、キャッシュレス決済のポイント還元が始まるので、 なおさらキャッシュレスが重要になってきます! 僕も色々と試しているところなので、なるべく簡潔にまとめていきます。

(※紹介していないサービスなどを組み合わせると特徴が変化しますが、煩雑な説明を避けるためにできる限り簡潔に絞りたい人に向けて書いています。)

特に、今回は「学生」に特化して小額の利用でもおトクで便利なキャッシュレス決済は結局どれなのか、について僕なりの意見をご紹介します。

初めに結論から言うと、LINE PayとSuicaがおすすめです。

では、まずは主要の決済方法を5つ整理していきます。

LINE Pay

LINE Pay

「Payトク」をはじめ、様々なキャンペーンと利用者数の多さで他を圧倒するQRコード決済の猛者、LINE Pay。

最近は目立ったものがありませんが、「友人同士で1000円を交換し合う」「20%還元」など魅力的なキャンペーンを打ち出してきました。また、 LINEを利用している人なら誰でも気軽に始められる敷居の低さ で、利用者数は3000万人以上とも。

LINE Payのメリット

  • QRコード決済で、現金よりも簡単。
  • キャンペーンが豊富。
  • 0.5%〜2%の還元。(前月の利用額による)
  • JCBのプリペイドカードが発行可能。(クレジットカード代わりで使える)
  • 使える店舗やサービスが豊富。(JCBカードなら約3000万店舗)
  • LINEの友達ならすぐに送金が可能。割り勘もラクラク。
  • プリペイド式で使い過ぎに注意できる。

LINE Payのデメリット

  • Apple Payに非対応。“スマホをかざすだけ”の決済ができない。(Google Payには対応)
  • ポイント還元率を高めるには、毎月高額の利用が必要。(2%のためには前月10万円以上の利用)
  • 個人情報の流失、不正利用が心配。(7payの問題を受けてさらに)
LINE Payの画面

僕が使っている感覚では、デメリットよりもメリットの方が大きいです。しかし、LINEアカウントに銀行口座を紐付けたり、スマホ1つで決済するのはまだまだ不安ですよね。

PayPay

PayPay

日本のキャッシュレス決済を一気に加速させた「火付け役」と言っても過言ではないサービスがPayPay。サービス開始時の「100億円あげちゃうキャンペーン」は衝撃的でしたね。

豊富なキャンペーンと高還元率あ魅力のPayPayのメリット、デメリットを見ていきます。

PayPayのメリット

  • QRコード決済で、現金よりも簡単。
  • キャンペーンが豊富。
  • 10月から基本1.5%還元。(条件によっては10%還元に)
  • 公共料金の支払いが可能。
  • 100万店舗以上で利用可能。
  • 送金や割り勘が簡単。
  • Apple Watchに対応。

PayPayのデメリット

  • カードが発行できないので、オンラインでの決済が難しい。
  • LINE Payに比べ利用可能店舗がまだまだ少ない。(カードがないことも原因)
  • 最大限おトクに使うためには、YahooカードやYahoo銀行口座を持たなくてはならない。
  • 銀行口座の登録に三菱UFJ銀行が使えない。
  • 不正利用事件が発生。(なお、全額補償を明記)
PayPay利用画面

基本的な還元率やキャンペーンはLINE Payよりも良い部分が多々あるのですが、 その恩恵を受けられる場面が少し限られてしまっている点が惜しいところ。

また、様々な条件をクリアすれば大きな還元があるのですが、小額でなるべく簡単に利用したい一般学生からすると少し煩雑なのではないでしょうか。

楽天ペイ

楽天ペイ

LINE Pay、PayPayと並び、三大QRコード決済の1つがこの楽天ペイ。
楽天カードや楽天ポイントなど楽天のサービスとの連携が抜群に良いのが特徴です。

楽天ペイのメリット

  • 楽天カードと組み合わせると常時1.5%のポイント還元。(キャンペーン時は5%など)
  • QRコード決済で、現金よりも簡単。
  • キャンペーンが豊富。
  • ラクマ(楽天のフリマアプリ)の売り上げ金額がそのまま使える。
  • 利用可能店舗が多い。

楽天ペイのデメリット

  • 楽天カードと連携しないと還元率が低い。
  • Apple Payに非対応。
  • キャンペーンにエントリー式などが多く煩雑で分かりにくい。
  • あらゆるサービスを楽天にまとめないとおトクではない。
楽天ペイの画面

楽天ペイは、あらゆるものが楽天づくしな生活を送っている人にはものすごくおすすめです。 (楽天銀行口座や楽天カードをもっている、楽天ポイントのつくお店が多い、ラクマを頻繁に利用するなど)

かえって、そこまで楽天のサービスを利用していない人にとっては他の決済方法と同等かそれ以下に留まります。

Kyash

Kyash

知らない人も多い穴場なアプリ。
QRコード決済とは違い、バーチャルカードやリアルカードを発行して使用するタイプの決済方法です。カードのデザインやアプリのUIがシンプルでかっこいい。

Kyashのメリット

  • カードを発行するのでクレジットカードのように使える。
  • 常時1%のポイント還元。(2019年9月までは2%還元)
  • さまざまなクレジットカードからチャージが可能で、ポイントを獲得できる。
  • 審査不要でVISAのリアルカードを発行できる。(使用可能な店舗が非常に多い)
  • 送金や請求が簡単にできる。

Kyashのデメリット

  • 実店舗ではカードを出して、サインまでしなくてはならないので他よりも手間がかかる。
  • 1日の利用限度額:5万円 1ヶ月の利用限度額:12万円(リアルカードの場合)のように、上限があるので大きな買い物には向いていない。
  • 2019年10月からポイント還元率が下がってしまう。
  • Apple Pay非対応。
  • LINE PayやPayPayに比べてキャンペーンが少ない。
Kyashの画面

Kyashの良さは、分かりやすさにあると思います。
導入も簡単、審査もなし、決済の確認やポイント制度もいたってシンプル。 それでいてVISAブランドを持つカードを発行できるので、様々な場面でクレジットカード代わりに登録することができます。

しかし、難点はせっかくのキャッシュレスなのに場合によっては現金よりも時間がかかってしまうところ。サインを書かなくてはならないのは意外と厄介でストレスになります。

Apple PayやQRコードに対応してくれたら最高なのに…。

Suica

Suica

日本のキャッシュレスといえば1番の知名度と普及率なのではないでしょうか。電車に乗るために作られたんじゃないのか。どこに行っても使え、カードやスマホをかざすだけで一瞬で決済が終わります。

使いやすさ最高です。

Suicaのメリット

  • 駅ですぐに発行できる。
  • 買い物から電車までとにかく幅広く使える。
  • Felicaに対応しているので、ピッとかざすだけで決済が完了する。
  • Apple Pay、Apple Watchに対応。
  • アプリからすぐにチャージできる。
  • LINE PayからチャージするとLINE Payにキャッシュバックが!(他のサービスちとの組み合わせもあります)
  • 電車利用で2%のポイント還元。(2019年10月から)

Suicaのデメリット

  • クレジットカードのような使い方ができない。
  • 電車の利用以外ではポイントがつかない。(他サービスとの組み合わせによってはポイント還元あり)
  • 一度に2万円までしかチャージすることができない。
  • LINE PayやPayPayに比べてキャンペーンが少ない。
Suicaの画面

細かな買い物なら圧倒的にSuicaが便利だと思います。還元がほぼないのは確かにデメリットですが、LINE Payを経由すれば最低でも0.5%は戻ってきますし、何より“かざすだけ”で決済が完了するスピード感が慣れると最高。

SuicaとApple Watch

Apple WatchにSuicaを入れていれば、手ぶらでも買い物や電車の利用が済んでしまいます。

まとめ

このように、主要なサービスだけでもこれだけの種類、特徴があるので「キャッシュレス多すぎ!」と頭を抱えたくなりますよね。

この記事では、そんな中でも比較的簡単で分かりやすく利便性の高いサービスを取り上げたつもりですが、利用する人の特徴によって最適なサービスは変わってくると思います。

シンプルイズベストでアナログ派な人

間違いなく「Kyash」を推します。
システムも画面も分かりやすく、実際にカードを手にして買い物ができるのでQRコードやFelica(ピッとかざすやつ)に比べて敷居が低いのではないでしょうか。利用可能店舗も非常に豊富ですし。

スピードイズベストで小額利用派な人

Suica」を推します。
あまり高額の買い物をするわけでもなく、とにかく簡単にサッと会計を済ませたい人には非常におすすめです。スピードは他のサービスに圧勝。利用可能店舗も多く、特に都心では困りません。

おトクイズベストでキャッシュレスに意欲ありな人

LINE Pay」または「PayPay」がおすすめです。
個人的にはカードも作ることのできる「LINE Pay」の方が利便性が高く、使いやすい印象なのですが、上手く使えば「PayPay」の方がおトクな場面も多いので、ここは好みによると思います。

ちなみに僕は、「LINE Pay」を経由して「Suica」にチャージしてポイントを貰いつつ、スピード優先の決済をするというスタイルで利用しています。

みなさんも色々試してみて、自分に合った決済方法を見つけてみてください。(結局現金もラクだと思います。)