iPhone11 Pro Maxを買ってみた。

iPhone11ProMax買ってみた。


年に1度の祭り。新作iPhoneの発売が今年もやってきましたね。2019年9月20日、ついにiPhone11シリーズが発売になりました。事前のリーク情報などから、そのカメラデザインなどに賛否両論がありました。

そんな新型iPhone、 僕はiPhone11 Pro Maxのゴールドを購入しました。
初めて祭りにリアルタイムで参加できて興奮しております…!

今回の記事はiPhone11 Pro Maxを数日使ってみてのレビューと他機種との比較を行なっていきたいと思います。

開封、そして外観。

2019年9月20日の朝、いつもよりも早く起きてそわそわし、気を紛らわそうとしても何も手がつきません。

午前10時頃、トイレに行っている間にやってきたようで父が受け取っていました。(自分で受け取りたかった…!!)

iPhone11ProMax

届いた箱がこちら。
毎回白い箱に入っているのが特徴だったのですが、今回は真っ黒でシックな箱でした。この時点でかっこよさと高級感に痺れています。

iPhone11ProMax

側面にはゴールドで「iPhone」という印字が。もうすべてがカッコいい。(信者)

箱を開ける時の「ぽふっ」という空気が抜けるような感覚や、箱自体のさらさらとした質感が開封時のワクワクを高めてくれます。

この時の僕の気持ち(早く開けたい、一刻も早く開けたい!!)

いざ開封!!!

iPhone11ProMax

非常に落ち着いた品のあるゴールドのボディに噂のトリプルカメラ、そして今まで背面に印字されていた「iPhone」という文字が消え、Appleのロゴだけになっています。

このタピオカ、カッコいい…。

iPhone11ProMax

写真だとわかりにくいですが、背面は8やXSのようなツルツルとしたガラスではなく、 マットな質感の擦りガラスになっています。 なので光の照り返しが少なく、ゴールドを選んでもギラついた印象にならないためどんな場面にも合うような気がします。

iPhone11ProMax

カメラの周りはツルツルとしたガラスに覆われ若干本体から突出していますが、以前使っていたiPhone8のカメラと比べると気になるほどではありません。

あと、カメラ周りの仕上げが非常に丁寧なので、見慣れると全く気になりません。賛否両論ありますが、むしろ僕は気に入りました。

8と11Pro Maxを比較してみた。

今まで使っていたiPhone8との比較を行なっていきたいと思います。
まずはサイズから。

8と11Pro Max

右がiPhone11Pro Max、左がiPhone8です。
その差は歴然。iPhone8がおもちゃに思えてしまうほどの圧倒的存在感。
しばらくiPhone11 Pro Maxを使った後に8を持つと、小さすぎて落としそうになるくらいです。どうやって使うんだっけ?と一瞬混乱する場面も。長年使ってきたはずなのに…。

8と11Pro Max
厚さ
iPhone8:7.7mm
iPhone11 Pro Max:8.1mm

写真や数値で見るとあまり差がないように思えますが、実際に手に持つとやっぱり分厚い。
その分、バッテリー容量なども向上しているので仕方ないですが、1度薄いモノに慣れてしまっているとなかなかずっしりとした印象が離れません。

8と11Pro Max

てかてかと反射するiPhone8と、マットで反射の少ないiPhone11 Pro Max。
どっちもカッコいい。

iPhone8

手に持った時のサイズ感ですが、iPhone8はしっかりと掴んで握ることのできる大きさ。丁度手に収まるフィット感が心地よく、手の小さい人には特におすすめです。

iPhone11ProMax

一方、iPhone11 Pro Maxは手が大きめな僕でも掴むのがやっと。片手操作ばかりしていたらいつか落としてしまいそう…という不安を覚えるサイズ感です。気をつけて両手持ちを心がけることにします。

カメラ性能がものすごい。

今回からiPhoneのカメラは最大3つになりました。
広角、超広角、望遠の3種類が等間隔に配置されており、これがいわゆる「タピオカカメラ」なわけです。

試しにいくつか写真を撮ってみました。
まずは通常の広角レンズから。

次に超広角レンズ。

超広角

同じ位置から撮っているのに何だこの違いは!!
画角が広すぎて超広角に感動しました。こんな写真がスマホ1つで撮れるとは。

そして夜間でも綺麗に撮影ができる「ナイトモード」で撮った写真がこちら。↓

ナイトモード

これ、フラッシュとか焚いてませんからね?無加工ですからね?
薄闇程度なら実質昼間です。

同じ風景をiPhone8で撮るとこんな感じ。↓

iPhone8で撮った写真

iPhone8も頑張ってはいるけども…暗い!!iPhone11 Pro Maxに比べてしまうとその差は歴然。

他にも、iPhone8で撮った何気ない道が、↓

iPhone8で撮った写真

11Pro Maxだとこう。↓

11Pro Maxで撮った写真

他にも写真から動画への切り替えが一瞬でできたり、動画撮影時の手ブレ補正が強化されていたりと、とにかくカメラ周りの進化が著しいです。

もちろん脳みそとも言えるチップもA13 Bionicとなり、処理性能が20%向上しただけではなく、消費電力が40%削減されたのが非常に大きいです。バッテリー容量の増大も相まって、バッテリーもちは最大で5時間良くなっているとか。

僕も数日使っていてバッテリーが減らなさすぎて、充電を忘れそうになりました。

他モデルとの比較。

他モデルとの比較

今回発売された、iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの基本的なスペック比較をしていきます。

比較表

こんな感じで、特徴はProシリーズがトリプルカメラなのに対して、11はデュアルカメラなところ。また、ボディの仕上げが11はツルツルとしたガラスになっているところ。他にも価格面で大きな差が見られます。

しかし、11にも超広角カメラが備わっており、内蔵されているチップも同じなので、性能面で言えばほぼ互角です。

あとはカメラやサイズ面、価格面での選択になってくるのではないかなと思います。

個人的には11のカラーバリエーションも綺麗で魅力的。
新色のパープルやグリーンのほか、続投されたイエローやproduct REDもパステル調な色合いになっていて可愛いです。

まとめ

YouTube、Webメディア、ブログなど様々なところでiPhone11シリーズが紹介されているかと思うので、僕の記事だけでなく色々な記事を参考にして新しいiPhone選びをしてみてください。

コスパ良く高性能でポップなiPhoneを楽しみたい人はiPhone11。

圧倒的なカメラ性能を楽しみたい人はiPhone11Proシリーズ。

ざっと分けるこんな感じだと思います。
同時に、旧機種のiPhone8やiPhoneXRも価格が安くなったので選択肢に入ってきます。Apple公式HPで比較してみるのも面白いですよ。