iPad Pro12.9″(2020)1ヶ月使用レビュー


過去の記事にもある通り、僕はこれまで約2年間、2017年モデルのiPad Proと第1世代のApple Pencilを使ってイラストなどの創作活動を行ってきました。

最近は動作がカクついてきたり、アプリが落ちるようになってきたりと様々な問題を抱えていまいしたが、新型が出るまで粘ってやる…!という強い意志で2020年3月まで待っていました。

そして、満を辞して新型iPad Proが登場。
なんの迷いもなく、発表と同時に予約ボタンをポチりました。このために貯金しておいて良かった。

今回はこの新型iPad Proを1ヶ月使ってみて、正直な感想を皆さんにシェアしたいと思います。

外観や基本スペックをおさらい

iPad Pro12.9”

まずはじめに、今回の2020年版iPad Proが一体どのようなスペックの製品なのか、簡単に確認していきましょう。

11インチと12.9インチモデルがある。

今回のiPad Proは前回の2018年モデル同様、11インチモデルと12.9インチモデルの2つが発売されました。

11インチモデルは重さ471g
12.9インチモデルは重さ641g

となっており、どちらも厚さ5.9mmと、iPadシリーズの中でも最薄になっています。

容量は128GBから1TBまで。

今までのiPad Proは選択できる容量が64GBからだったのに対し、今回のiPad Proでは最低の容量が128GBにアップしました。

128GBあれば、動画作業を本格的に行わない人であれば十分な量になってくるかと思います。

容量の選択肢は、

  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB
  • 1TB

の4種類になっています。最小構成が128GBからにアップして、2018年版よりも安くなっている…助かります!

カメラが2眼+LiDARスキャナに進化した。

二眼カメラ

それまでのiPadのカメラは前面、背面ともに単眼カメラでしたが、2020年版iPad Proからついに背面カメラが2眼になりました。

構成はiPhone11と同じで、広角と超広角の2つです。

また、iPad Pro独自の機能として、空間の奥行きを測る「LiDAR(ライダー)スキャナ」も今回から搭載されました。

これは、今後成長が見込まれるARの分野を意識したもののようで、よりリアルで本格的なAR体験を可能にするためのスキャナであるようです。
しかし、まだまだ対応アプリが少ないので、今後どうなっていくか楽しみな領域でもあります。今後に期待。

Apple Pencilは第2世代に対応。

最近は全てのモデルで対応されているApple Pencil。イラストをかく僕にはもちろん、多くの方に必須のアイテムになりつつあります。

そんなApple Pencilは、2018年モデルのiPad Proと一緒に登場した第2世代のものに対応しています。

iPadの側面にカチッと貼り付けるだけで充電ができてしまうのは今のところProの特権。

頭脳にあたるチップはA12Zを搭載。

タブレットの頭の良さを決めるのは主にチップなのですが、今回搭載されたのはA12Zチップというもの。

2018年モデルのiPad Proが搭載していたのが、当時最新のA12 BionicチップをiPad Pro用にアレンジしたA12Xチップだったのですが、今回はそのマイナーチェンジ版のようです。

2019年に発表されたA13 Bionicチップが2020年4月現在では最新チップなので、今回のiPad ProにはA13Xチップが搭載されるのではないかと予想されていたのですが、今回は旧世代をマイルドにアップデートしたものに。

処理性能を示すRAMは6GBに。

今までの2018年モデルは、1TBモデル以外のRAMが4GBだったのに対し、
今回の2020年モデルでは全てが6GBのRAMを搭載しています。

これにより、若干ではあるかもしれませんが、マルチタスクや処理性能が向上しています。

RAMは大きいに越したことはない。

画面の滑らかさは120Hz。

画面の滑らかさを示すリフレッシュレートは120Hzです。

他のiPadや通常のiPhone、その他スマートフォンが60Hzなので、iPad Proはその倍の滑らかさを実現させています。

これは実際に手にとって画面を触ってみないとわからないものなのですが、
まるで指に吸い付くようにヌルヌルと動くのが特徴です。その滑らかさから、Apple Pencilの遅延もかなり少なく、紙に鉛筆で描いてるのと変わらない感覚で描くことができます。

ざっと基本情報はこんな感じです。
では、使用レビューに移っていきましょう。

2017年モデルと比べて。

まずは、僕が以前使っていた2017年モデルのiPad Proと比較していこうと思います。

動作が非常に快適になった。

過去の記事にもあるとおり、しばらくは2017年モデルでも快適に操作ができていましたが、2019年秋にiPadOSがリリースされてから少しずつカクつくようになっていった感覚でした。

作業に支障が出ていた。

実際に、よく使っていたアプリであるCLIPSTUDIOが頻繁に落ちるようになったり、充電の減りが速くなってしまったりしました。

これではまともに作業ができず、創作活動などが進まないと思い、今回の買い替えを決めました。これが買い替えの最大の理由です。

結果、動作はかなり安定した。

2020年モデルのiPad Proに買い替えてから、今まで使用していたアプリはもちろん、その他のアプリも使うようになりましたが、一度も落ちたことはありません。

120Hzの滑らかさもあってか、動作は非常に快適で、素早く、思った通りのことをストレスなく行うことができています。

2世代越しの性能の差はやはり大きい。

Apple Pencil第2世代が最高。

Apple Pencil

元々使っていた2017年モデルiPad Proでは、現行のiPad AirやiPad miniと同じ第1世代のApple Pencilに対応していました。

この第1世代Apple Pencilの使い心地は、正直微妙です。

もちろん書き味は反応も良く、困ることはないのですが、
問題はその充電方法。

iPad Pro本体のLightning端子にブスッとApple Pencilを挿して充電します。

これが、ダサい、怖い、不安定。

Apple Pencilの使い勝手のせいで少し評価を落としているというか、第2世代が良すぎてしまって悪く見えるというか…という感じです。

比べて第2世代Apple PencilはiPadの側面にカチっとつけることができ、そのまま充電もできます。

また、質感もツルツルしたものからさらりとしたマットな質感に変わり、平らな面ができたことで転がりにくくもなりました。

第1世代が抱えていた微妙なところを全て改善してくれたのが第2世代のApple Pencilだと思います。

この第2世代Apple Pencilを使えるようになったことは、イラストを描くことが多い自分にとってかなりのアップデートでした。

Face IDとベゼルレスがとても良い。

2017年モデルのiPad ProまではホームボタンがついているTouch ID式のものだったのですが、2018年モデルからはFace IDに切り替わってホームボタンがなくなり、ベゼルレスなデザインになりました。

2020年モデルも2018年モデルから変更点はなく、Face IDとベゼルレスを踏襲しています。

Face IDはiPadをどの向きにしていても反応してくれ、その反応速度もかなり速いので、かえってTouch IDよりも使いやすく、とても気に入っています。

どの向きからも反応してくれるFace ID、iPhoneにも導入して欲しい…。

また、ベゼルレスデザインになり、画面が広々と使えるようになったので、画像編集やイラストをよく行う人にとってはかなり作業効率が上がるのではないでしょうか。

2018年モデルと比べて。

わずかな期間ではありますが、2018年版のiPad Pro12.9インチを使用していたこともありました。そこで、2020年モデルと比較した感想を簡単に述べていきます。

操作感はほぼ変わらず。

2018年モデルの操作感や画面のぬるぬる感は、2020年モデルと大きく変わった印象はなく、使用していて困ることはありませんでした。

また、2018年モデルは基本的に4GBのRAMなのですが、画像編集やイラスト制作においてもこれといってカクつくこともなく快適に使用できました。

おそらく動画編集などの重たい作業やマルチタスクにならないと差は出てこないかと思います。

多くの2018年モデルユーザーにとって買い替える必要はない。

おそらくほとんどの2018年モデルユーザーが買い替えるほどの大きな進化はないと言えるのが2020年モデルです。

iPad Proを使って動画や写真撮影をして、動画編集を行う人にとってはカメラの進化やRAMのアップが目玉なので買い替えのメリットがあるかと思います。

主な使用用途。

ここからは僕のiPad Proの主な使用用途をご紹介します。

1.イラスト制作

1番の用途はイラスト制作です。完全にこれが目的で購入しました。
Apple Pencilの圧倒的な描き心地と12.9インチの大画面でイラストを描けることが快適すぎて最高です。

アプリは主に「CLIPSTUDIO」を使用しています。
月額980円、年額7800円で利用可能なお絵描きアプリで、多くの方が利用しています。

僕の作品についてはこちらのページをご覧ください。

2.画像編集

次によく行うのが画像編集作業です。
これは主に「Lightroom」や「Snapseed」というアプリを使用して行っています。

趣味で撮った写真や案件の写真を簡単に直感的にレタッチすることができるので手軽で使い勝手が抜群です。

色調を補正しても、素早く反映されるので、動作はかなり快適です。iPad Proの処理性能が発揮されていると感じます。

3.文章入力

これもiPad Proで頻繁に行う作業の1つです。

iPad Pro用に「Magic Keyboard2」を購入し、文章入力用に使用しています。このキーボードは先日発売されたiPad Pro専用のMagic Keyboardとは異なり、トラックパッドはついておらず、接続もBluetoothですが安定して使えておりとても便利です。

主にブログの執筆や構想メモ、アイデアメモなどを行っています。ノートテイキングにも使用しています。

使っているアプリは「Notion」「Google Chrome」が主です。

4.マインドマップの作成

これもiPadとApple Pencilの良さを発揮できる領域なのですが、「Mapnote」というアプリを使ってマインドマップを書き、思考を整理しています。

マインドマップとは、思考整理術の1つで、メインテーマについて関連する言葉を並べていき、思考を広げていく方法です。

「Mapnote」を使用したマインドマップの作成についてはLeo Tohyamaさんの動画が非常にわかりやすく、勉強になるのでおすすめです。

僕もこの動画を見てすぐに実践して効果を感じました!

5.コンテンツ消費

その他、読書やブラウジング、動画視聴などのコンテンツ消費に利用しています。

どれも大画面で閲覧できるので、かなり効率良くコンテンツを消費することができます。

iPad miniの方がコンテンツ消費にはよく利用するのですが、自宅などのゆったりできる状態ではiPad Proの大画面で行うこともあります。

総評

非常に満足しています。

しかし、それはあくまでも2017年モデルからの買い替えであること、Apple Pencil第1世代から第2世代への移行があったからだと思います。

なので、2018年モデルから買い替える人は、カメラやRAM容量に困っている人がメインになり、あまり多くの人には必要ないかもしれないというのが本音です。

12.9インチという画面サイズに、最初は不安もありましたが、実際使ってるみるとそこまで重さも感じず、持ち運びにも不便さは感じませんでした。

むしろ大画面で作業ができるのは効率が非常にアップして、11インチではなく12.9インチを選んで正解だったなと(僕は)思いました。

MOFT XとMagic Keyboard2の組み合わせでストレスなくPCライクな作業ができ、なおかつApple Pencilでメインとなるイラスト制作も行えるのはとても良い体験だと思います。

まだiPadを持っておらず、iPadで本格的なクリエイティブを行いたい人は“買い“のデバイスなのではないでしょうか。